ShojonoTomo ArtWorks

LOVE ALLERGY MASK

BLACK & WHITE

オセロマスク/BLACK & WHITE

これはオセロゲームができるマスクです。ゲームの対戦の仕方によりマスクの色を自分自身で白、黒、mixと自在に変化させる事ができます。
これは今回のコロナによる極端な考えや既成概念により起きた様々なネガティブな事項へのメッセージでありマスクへのイメージが「面白い」「してみたい」に変化するきっかけになればと考案したショートムービーを実体化したマスクでもあります。

オセロマスクをするTOMO
オセロマスク写真

MOVIE 1:オセロマスク/BLACK & WHITE (YOUTUBE にて公開予定)

電車に乗り込んでくる乗客のマスクの色と、着席する位置によりマスクの色が変化する電車の中の人間オセロゲーム。例えば白マスク着用者の隣に黒マスク着用者が座り、更にその隣に3人めの乗客(白マスク)が座ると、左右白マスクに挟まれた黒マスクは色が白へ変化します。

動画1の宣伝写真1
動画1の宣伝写真2

テーマ

2009年より日本人気質の象徴の1つとしてマスクを[LOVE ALLERGY MASK]と命名し国内外で発表してきました。日本人のマスクの常用の様は海外の人から見ると奇妙であると耳にします。
その理由は国により様々ですが「マスクは患者がするもの」「私はウィルス所持者ではない」概念からマスクをする事で逆に他者から避けられるという現象と知り驚きました。
ニッキー 事実2012年、アメリカのラッパーであるNICKI MINAJが私のマスクをTVで着用した際様々な現象が起きました。アメリカの一部の層からはファションアイテムの1つとして歓迎されたが、イギリスのTVでは「誘拐犯を連想させる」と討議されていました。個人の意識の違いはあれど、国民性や国ごとの既成概念は今回のコロナを受けた時に様々な事態を生んでしまったのです。

日本では「マスクをしない人を攻撃する」と言う’正義中毒’と呼ばれる現象。
海外ではマスク着用を拒否することで感染率が拡大、又、中国武漢から発生したウィルスということで国外にいるアジア人が罵倒や暴力を受けた。そして不安やストレス、経済の逼迫などにより社会的弱者が浮き彫りになり、人種差別の暴力も拡大してしまうという事態です。

コロナの特効薬はまだ完成していない今、私達はこの状況と付き合っていく方法を模索しなければなりません。白が黒になるようにマスクがストレスの象徴から裏返るようにマスクの上でゲームをしてみてください。

MOVIE 2:ミラー/錯覚(仮タイトル)YOUTUBE にて公開予定

マスクに嫌悪感を感じる海外の方に向け、マスクの上からメイクし、遠目から見ると素顔に見えるようにする様と、メイクする姿を映す鏡を別の人間が演じ、現実と鏡の中を反転させる。それは思い込みの解放を表現するとともにマスクを楽しむきっかけも目指します。

動画鏡の宣伝写真1
動画鏡の宣伝写真2

「アートにエールを/Art to Yale」映像制作スタッフ

Staff
Planning / production:ShojonoTomo
Editing / Shooting:Masayuki Nagata
Acting:mari☆belle / MAYUBONNE / ShojonoTomo
Music:XERAK
Interview:Adam Howe / Xavier Guiter(XERAK) / Tomomi Kurisu / Immanuel Van Meirhaeghe / Jolan Van Meirhaeghe / Daigoro Sasaki / Kazumi Kosugi / Junko K Junko / Endang Apriyanto / …more
*その他マスクを着用したお写真をご提供くださった皆様のお名前は映像内にて提示させていただきます。
たくさんのご協力をありがとうございます。
*Other names of the people who provided the photos wearing masks will be presented elsewhere.
Thank you for your cooperation.
TOP